学校情報

柏市立大津ヶ丘第一小学校
〒277-0921
千葉県柏市大津ヶ丘3丁目50番地
TEL:04-7192-1110
FAX:04-7192-1127
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER347065



 



 

大一小の特色





 

■学区の特色

 本校は昭和53年4月、日本住宅公団によって造成された住宅地の中に、旧沼南町で6番目の小学校として開校しました。
 学区は学校を中心として半径1km以内にほど90%が入りほとんどが住宅地であり、時間的に通学にも恵まれています。しかし、学区を中心に班僕に国道16号線が縦断し、交通量も多いので安全面での配慮は不可欠です。学区内には、大津ケ丘中央公園があり、自然と憩いの場も備わっています。校舎からの見晴らしがとても良く、学区はもとより近隣の地域が一望できます。また、富士山や筑波山も望むことができ、環境に恵まれています。
 保護者は公務員・会社員が多く、東京方面への通勤が大部分を占めていますが、児童数が減少し、地域住民の高齢化が進んでいます。また、共稼ぎの家庭も増えてきています。地域は入居後30年を過ぎ、新しい地域文化の創造とともに、地域社会の連帯感も高まってきています。
 PTAを中心に、学校教育に対して大変協力的であり、児童の健全育成を図る上では恵まれている地域環境で児童は明るく育っています。



 

■教育活動の特色


1 学力の向上(学びづくりプロジェクト)

○基礎学習
 ・朝の15分間を,「漢字」や「音読」等,国語科の基礎学習の時間としています。漢字は,毎週末ミニテストを実施し,評価します。テスト範囲を事前に知らせ,家庭学習の意欲付けの一つとしています。
 ・計算力向上を目指し,全校で九九検定(九九マスター)を実施しています。
○個に応じた指導と分かる喜びの体験
 ・算数科において,複数の教員による個に応じた指導を実施しています。
 ・コンピュータを活用し,子どもたちの興味・関心を高めるとともに,わかりやすい授業に努めています。
○学校図書館の充実
 児童の目的に応じた読書活動ができるよう,学校図書館が読書センターと情報センターに分かれています。これにより,「読書の場」としてだけでなく「調べ学習の場」としても活用されています。

2 豊かな心の育成(心づくりプロジェクト)
○「学び合い」「教え合い」「認め合い」を取り入れた授業
  友だちと協力して問題を解決することで自分や友だちのよさを実感させるため,少人数での対話を授業の中に積極的に取り入れています。
○朝のみんなのうたの時間
  全校一斉に今月の歌を歌う時間を取り入れ,心を一つにして歌う楽しさや喜びを味わうことで豊かな心を育んでいます。
○道徳教育の充実
  社会性を実践的に学ばせるプログラムを実践し,豊かな人間関係育成能力を育んでいます。
○異学年との積極的な交流活動
  地区児童会や集団登下校など,全校の仲間意識や高学年としての自覚を高める活動と行っています。

3 体力,安全意識の向上(体づくりプロジェクト)
○長縄,短縄
  体育委員会の主催で,長縄チャレンジ(クラスごとの記録会)や短縄跳びの検定会を実施し,目標を持たせながら,体力向上を図っています。
○月1回の集団登下校
  毎週木曜日は,全校で同時間の下校を実施しています。月に一度は,地区で班を編成し高学年が班長・副班長として下級生を連れて登下校しています。
○地域安全マップの作成・保護者の定期パトロール
 ・保護者や安全ボランティア,諸機関等からの報告を集約し,地域安全マップを作成しています。
 ・保護者の代表(地区委員)が中心になり,全保護者が分担して,放課後のパトロールを実施しています。

4 地域との連携
○大津ケ丘中学校,風早北部小学校との連携
  小中連携の名の下,相互の授業参観等を通して相互の交流を図っています。
○学校支援ボランティアの活用
  ・地域の団体と連携し,外部講師を活用した学習活動を実施しています。
  ・保護者ボランティア(おはなしランド)による読み聞かせ,おはなし会を実施しています。


 

■研究の特色


 主体的に学び,「わかる・できる」喜びを実感できる授業づくり
      - ICTや学校図書館の活用を通した教材教具の工夫 -